ベラージオ求人サイト
ベラージオでのお仕事 |  未経験や不安な方へ |  お給料・待遇・環境 |  求人応募・面接・入店 |  働くお店の紹介
ベラージオ求人サイト

マイナンバーと風俗

店舗型風俗、デリヘル、キャバクラ、の違い

2016年1月からスタートする「マイナンバー制度」
これから「風俗」で働こう、今現在働いている女性、全てが人たちがこの「マイナンバー制度」と付き合っていく事となり
ます。そんな「マイナンバー」をもっと知っていただく為に、ベラージオグループでは、マイナンバーに関する特設ページ
を用意いたしました。「マイナンバー制度」スタートでちょっと「不安」と言う方は、是非参考にしてくださいね!



この業界これからで働こう、今働いていいる女性、の不安と一つマイナンバー制度がスタートいたします。
しかしながら、運用の範囲やマイナンバー取り扱いにおける守秘義務、管理、などインターネット上でも書かれていること
がマチマチで、はっきりしたことがつかめないのが現状ではないでしょうか。

しかしながら、「確実に実施される事はこれとこれ」「まだはっきりしない事はこれとこれ」と言ったように、今までとの
違いについて、少し書きたいと思います。

先ず、今までも全ての人(収入のある人の意)は納税の義務があった訳です。
給与を毎月もらっている人は源泉徴収という形で毎月お給料から自動的に引かれていますし、経営者は毎年自分の稼いだ金
額を申告し税金を収めます。では何が違うのか。

店舗型風俗、キャバクラに勤務する女の子達は給与という形で稼ぎを得ていたと思います。

また、その給与から源泉徴収という形で10%前後天引きされていませんでしたか?これは法律の運用上、源泉徴収するべき
業務形態として指定されてる為、経営者側(お店側)は必ず一定の金額を徴収し各コンパニオンの納税として収める義務が
あるからです。
ここが問題でここにマイナンバーと納税金額の照合がされると、昼職バレする可能性があるのです。

しかしながらデリヘルは、各コンパニオンが個人事業主として各デリヘル店と契約しているのが普通です。
※但し一度デリヘル店に全ての料金を払い、帰りに自分の取り分をもらっている場合は給料とみなされる可能性もあります。
※また、出勤に関し勤務時間をある程度拘束されている場合も給料とみなされるかも知れません。

出勤日も自由で、出勤時間も自由で、お店に”おとし”だけを支払っている場合には個人事業主となります。
これは過去の判例でも個人事業主として認められているようです。
従って、多くのデリヘルコンパニオンは個人事業主であり今までと何ら変わらないのです。
※(ももちろん今までと同じ納税義務はありますよ)

上記の様な内容も、これから先何かかわるかもしれません。
しかし今は今までと何ら変わらないのが現状です。





PAGE TOP